ホーム > アーカイブ - 2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横瀬~武甲山~小持山~大持山~妻坂峠~横瀬 ♯2

IMG_4288.jpg

武甲山~小持山の尾根道。晴れていればとても良い景色なんですけど...山頂と尾根道からの景色は見えませんね。
スポンサーサイト
[ 2011/06/30 00:00 ] hike | TB(0) | CM(2)

横瀬~武甲山~小持山~大持山~妻坂峠~横瀬 ♯1

IMG_3952.jpg

前回武甲山に登った時は残雪で武甲山~小持山の登山道が分からなくなり、泣く泣く引き返しました。今回は途中雷雨に見舞われましたが、予定通りのルートを歩けました。
[ 2011/06/28 00:08 ] hike | TB(0) | CM(2)

山霧の中

[ 2011/06/27 00:04 ] hike | TB(0) | CM(2)

untitled

IMG_3928.jpg

なるべく元気に働けて、なるべく沢山登れて、なるべく楽しく飲めて、それで今は保たれています。
[ 2011/06/25 00:00 ] everyday | TB(0) | CM(0)

マタギ 矛盾なき労働と食文化

IMG_3915.jpg

田中康弘著『マタギ 矛盾なき労働と食文化』

「マタギ」というその名前は聞いた事がありましたが詳しくは知りませんでした。猟師の様な物をなんとなく想像していたけれど、もっと深い物でした。熊や兎だけではなく魚も獲るし山菜などの植物も穫る。山の全てを知り尽くし、山と密な関係をもって暮らしているマタギ。
マタギとは「職業」では無く「生き方、生活スタイル」なのです。この本はそんなマタギの生活、文化を写真入りで詳しく知る事が出来ます。
熊や兎の解体の写真にはハッとさせられました。他の命を戴くという事を改めて考えさせられました。

この本の作者である田中康弘さんが16年に渡りマタギとその生活を追い続け、一緒に山に入り、写真を撮り、この1冊が完成しています。
「矛盾なき労働と食文化」考えてみたい題字だったので手に取りました。
[ 2011/06/23 00:00 ] book | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。