ホーム > スポンサー広告 > 八方尾根~扇沢縦走 ♯1 八方尾根~唐松山荘ホーム > hike > 八方尾根~扇沢縦走 ♯1 八方尾根~唐松山荘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

八方尾根~扇沢縦走 ♯1 八方尾根~唐松山荘

IMG_6514.jpg

11.12.13日の3日間。北アルプスの八方尾根から扇沢迄の間を縦走して来ました。
10日の夜、新宿22:30発の深夜バス、さわやか信州号に乗り八方尾根バスターミナルに到着したのが6:20。
いつもの事ですがバス内では殆ど眠れず&風邪気味だったので頭がボーっとしていました。
バスターミナルから徒歩15分程で上の写真のゴンドラリフト乗り場に着きます。7:00オープンなので暫く待ちます。
眠ってしまいそう。

IMG_6517.jpg

ゴンドラに乗る前に荷物の重さを量ります。ここでは15kg迄は通常料金で、それ以上の重さだと超過料金を払わなければいけません。僕のザックは18.4kgでした。この時迄自分の担いでいるザックの重さを知らなかったので丁度良かったです。それとは別に首から1kgのカメラをさげていたので20kg弱を担いで登る訳です。数字で見てしまうと若干凹みますね。

IMG_6524-2.jpg

ここから八方山荘のある第一ケルンまでゴンドラとリフト乗り継いで一気に登ってしまいます。

IMG_6532.jpg

楽チンです。この時は。
今回は2泊3日なのでゆっくり縦走出来ればなー。なんて考えていたんです。景色を見ながらのんびり尾根道を歩きたいな。なんて思っていたのですが。そうもいきませんでした。結果、想像以上に辛い縦走になった訳ですがそこは自分の事前の下調べが甘かったので仕方ないです。

IMG_6540.jpg

八方山荘に到着です。軽く朝食を済ませて直ぐに出発します。リフト乗り場に『本日雷の予報』という看板が立っていたので、なるべく早く今日のテント場迄歩く事にしました。山の雷は体験した事がありますが本当に怖いです。

IMG_6548.jpg

八方山荘の周りは一般の観光客の姿も多いです。木道も整備されています。この先、唐松山荘迄、手ぶらスニーカーで歩いている人もいました。結構危険ですよ...

IMG_6562.jpg

八方池。

IMG_6568.jpg

八方尾根から唐松岳の間に幾つか「ケルン」という物があります。ケルンとは「山中で見られる石塚。ガスに巻かれると道を見失う危険性のある広い稜線などに、道しるべとして積まれたもの」らしいです。低山でもよく石が積んであるのを見かけますがあれもケルンだったのかな。しかしこれから登る方角の雲が怖いです。

IMG_6570.jpg

唐松岳を目指します。

IMG_6595.jpg

IMG_6605.jpg

想像通り山の中は真っ白です。それに暴風。雨も降り出して来ました。

IMG_6611.jpg

小腹が減りましたが取り敢えず雨が凌げる場所迄一気に行きたいので歩きながら行動食を食べます。今回はOREO。

IMG_6618.jpg

八方尾根から唐松山荘迄はそんなに危険な場所はありません。写真の様なガレ場が少しあるくらいです。

IMG_6619.jpg

唐松山荘に到着です。雨は止みましたが風が強いです。

IMG_6634.jpg

天気が回復する事を祈りつつ、山荘の中でお昼休憩にします。
[ 2011/08/17 23:30 ] hike | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。