ホーム > スポンサー広告 > ISUKAシュラフ Airシリーズの撥水性ホーム > object > ISUKAシュラフ Airシリーズの撥水性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ISUKAシュラフ Airシリーズの撥水性

僕が使っているシェルターはシングルウォール。シングルウォールは軽くて設営が簡単なので好きなのだけれどやはり結露が気になります。
僕が使っているB.DのFirstlight。換気口や入り口上部をなるべく開けるようにして通気路を作っているのだけれど寝ている時に滴がポタポタと落ちてくる事がしばしば。今迄何回かテント泊をしてシュラフに落ちてくる滴が気になってました。シュラフカバーをすれば防げるのですけど。極力荷物を減らしたいのでなるべくなら使いたく無い。
NANGAのシュラフは「撥水」を謳っているけれど僕が使っているISUKA Air280XとAir630Xはどうだろうか。メーカーサイトには特に「撥水」の文字は無い。ICIの店員さんは「撥水ですよー」と言っていた。本当だろうか。

それならばと思い実際に試してみました。テストしたのはISUKA Ari 280X


シャワーの水を直接浴びせてみたけれど水滴がポロポロと落ちて行き、水染みになる様な事はありませんでした。シームにも入り込んで行く事も無かった。これならばシェルター内でシュラフカバーを使わなくても滴くらい気にしないで良いレベルだと思います。
後は使っていくうちにどれだけ撥水機能が低下するのか...
[ 2011/11/12 00:20 ] object | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。