ホーム > スポンサー広告 > Hiker's Party「MYOGの世界」ホーム > everyday > Hiker's Party「MYOGの世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Hiker's Party「MYOGの世界」

IMG_2652.jpg

3月11日、三鷹で行われたHiker's Party「MYOGの世界」へ出掛けました。

「MYOG」とは。以下Hiker's Depotのサイトより引用させて頂きました。
「MYOG(Mke Your Own Gear / My Own Gear)」と海外ではいわれる自作ギアの世界。
かつては日本でも自作ギアはあたりまえの時代がありました。大正から昭和初期、そして戦後すぐの時代は登山道具が非常に高価であり、流通量自体が少なかったため、多くのハイカーや登山者は道具を自作する必要があったのです。軍用品の払い下げ品の改造はもちろん、母親に編んでもらったウールのセーターやソックスなども立派な自作ギアといえるでしょう。登山専門店も輸入品だけでなく、彼らのためにカスタムオーダーをうけたり、オリジナルの製造を競っていた時代といえるでしょう。

そして「自分の使い勝手に合わせた道具」を求めるハイカー、登山者にとって買ったものに手をいれることは当たり前でした。そうすることではじめて自分の道具になる、という感覚が強かったのかもしれません。

時は流れ2000年代、ウルトラライトハイキングの世界から再び自作ギアにスポットライトがあてられたのです。市販品を否定するというラディカルな側面がとりあげられた時期もありましたが、むしろ現在のハイカーは自作を通じて「市販品の高いクオリティ」「価格の安さ」に気づかされています。彼らを自作にひきつけるのは自分の世界ができあがる達成感です。自分のハイキングを自ら支え、楽しむ第一歩がギアの自作にはあるのです。

IMG_2608.jpg

IMG_2621.jpg

IMG_2625.jpg

IMG_2635.jpg

IMG_2639.jpg

IMG_2647.jpg

当日、会場に集まったザック、アルコールストーブ、シェルター、ウェアー。その他諸々のMYOG。制作者によるプレゼンを聞いて、実際に見て、触って。完成度の高さに感心したり、ユニークさに笑ったり。とても濃い数時間でした。第2回もあるみたいなので僕も何か用意したいと思います。

いずれは彼らの様に自分で作ったザックやウェアで山を歩きたいな。
[ 2012/03/13 00:00 ] everyday | TB(0) | CM(4)
自作って面白そうですが技術とアイデアがないので
僕には無理です。。。
サコッシュに続き、次の構想がすでにありそうですね!
自作を楽しみにしています。
[ 2012/03/13 02:04 ] [ 編集 ]
相変わらずWB美しいですね。
現像ソフトは何を使ってますか?
[ 2012/03/13 09:02 ] [ 編集 ]
わぁー、いい写真ですね!!実は当日、一枚も写真を撮っていなかったことに、帰りの新幹線の中で気付きました、、、次回はもっと楽しいイベントになりそうですね^v^
[ 2012/03/13 22:16 ] [ 編集 ]
COOPERさん。

僕は縫製は好きなのですがアイデアが乏しいです...
もっと色々インプットしなきゃなと思います。



SHOさん。

CS5使ってますよ。でもRAW現像時はWBいじらないです。
殆どその後の「色変更」です。



H.M.Eさん。

当日は実際にH.M.Eさんのザックやウォレットを見られてとても勉強になりました。
アメリカでの販売も凄いですね!!
色々と参考にさせていただきます。
[ 2012/03/13 22:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。