ホーム > スポンサー広告 > 甲武信ヶ岳 2日目ホーム > hike > 甲武信ヶ岳 2日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

甲武信ヶ岳 2日目



5:00 相変わらず寒さで殆ど眠れずに朝を迎えました。寒くてシュラフから出たくありません。シュラフにくるまったままカフェオレとバナナバウムで簡単に朝食。
IMG_3120.jpg

暫くもぞもぞしてから頑張って外へ出ます。快晴、無風。とても良い天気です。

IMG_3124.jpg

外は-7℃程。

IMG_3122.jpg

Roclite288だけでは足の指先が凍ってしまいそうなくらい冷たかったのでCrescent Moon NeopreneOverBootieを装着しました。コレ1枚着けるだけでだいぶ温かくなります。

IMG_3132.jpg

甲武信ヶ岳小屋から甲武信ヶ岳山頂迄は登りで15分程です。不要な荷物はテント内にデポして山頂に向います。

IMG_3139.jpg

6:25 甲武信ヶ岳山頂2475m。富士山、北アルプス、南アルプス、八ヶ岳と様々な山が見渡せました。誰も居ません。暫くの間山頂を独り占めしてテント場迄戻りました。

IMG_3153.jpg

テント場に戻り、いざテントを撤収といった所で少し問題が起きました。前日、奥深くまで差し込んだペグが全く抜けませんでした。雪がカチコチに凍ってしまっていた為です。食事用のチタンスプーンで雪をほじってみるけど全く歯が立たず。自力ではどうやっても回収は不可能でした。小屋でスコップを貸してもらえたので何とか掘り起こす事が出来たのですが、もしスコップがなかったらブリザードステイク8本を置いて行く事になっていたかもしれません...

IMG_3160.jpg

無事撤収して前日来た道を戻ります。

IMG_3164.jpg

往路は徳ちゃん新道から登って来たので復路はもう一つの近丸新道から下山しようと思ったのですが凍結が酷そうだったので帰りも徳ちゃん新道から下る事にしました。

IMG_3170.jpg

11:00 西沢渓谷バス停到着。
今回のルートで甲武信ヶ岳を登ってみて思った事は地味なルートだという事。ピストンだったからという事もあるかと思いますがひたすら登って下りるという感じのルートでした。眺望の良い場所もほんのちょっとですし。もし時間があれば甲武信ヶ岳山頂から雲取山まで歩いたりもっともっと時間があれば金峰山から歩いてみたりと、縦走のルートに組み入れると面白いと思います。

山行日時:2012.4.8
出発時刻:6:10 甲武信ヶ岳小屋
到着時刻:11:00 西沢渓谷バス停
合計時間:4時間50分 (休憩時間含む)
合計距離:7.39km

[ 2012/04/18 00:00 ] hike | TB(0) | CM(6)
ペグは大変でしたね、この標高クラスでは
まだまだ気温が低いですね。

富士山イイですね!(笑)
テンション上がります!
北~東側なら雲取山が候補ですが、
ちょっと遠いので西側もリサーチ中です。
[ 2012/04/18 22:13 ] [ 編集 ]
COOPERさん。

ペグは焦りました。1本600円するので(笑
COOPERさんの所からだと雲取山はやっぱりちょっと遠いですよね...
[ 2012/04/18 23:36 ] [ 編集 ]
そんな寒くて熟睡できない思いをしても、またテント担いでいくんだから不思議だよね~。
そうやってペグが抜けないのを防ぐにはどうしたらいんだろう?今頃八ヶ岳で教わってるでしょうか。
[ 2012/04/22 01:06 ] [ 編集 ]
osonくん。

ですよね。寒くて寝られないのわかっているけど行ってしまうんですよね。アホですね。

今回ペグは半分位まで刺しました。問題無く抜けたけど甲武信ヶ岳の時と雪質が違っていて刺す時も全く抵抗感が無かったので...甲武信ヶ岳の時は刺す時も割と抵抗感ありました。
問題は解決してませんね。
[ 2012/04/23 23:28 ] [ 編集 ]
参考までに
雪上設営ならガイラインは
輪っかになる方をテント側にして
末端側をペグにすると
ペグを埋めてからしっかり調整できますよ
[ 2012/05/01 22:26 ] [ 編集 ]
さまんたさん。

なるほど。そんな業があったんですね。
いつも本当に参考になります!!
[ 2012/05/02 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。