ホーム > スポンサー広告 > Tarptent Rainbowホーム > object > Tarptent Rainbow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Tarptent Rainbow

IMG_3877.jpg

アメリカのガレージメーカー「Tarptent」のRainbow。
シングルウォールで重さ900g。フロアサイズは短辺102cm ×長辺224cm。高さは109cm。一応ソロ用なのですがちょっと無理をすれば2人寝られるでしょうか。ソロなら充分な広さです。

IMG_3917.jpg

このテントは1ポールで非自立式ですが写真の様に短辺2辺にトレッキングポールを設置する事により自立式に変化するという面白いテントです。

IMG_3882.jpg

ベンチレーターは長辺上部前後に2箇所あります。このベンチレーター内部にはポール受けの金具があり、トレッキングポールなどを柱として立てる事によって強度をプラス出来る仕様になっています。

IMG_3887.jpg

入口は長辺部分に1箇所あり小さめではありますが前室も付いています。

IMG_3872.jpg

フライはナイロンが底まで繋がっているのではなく底付近が1周と入口部分がメッシュになっていて、バスタブ型のフロアと繋がれています。完全に密閉されていないので上部のベンチレーターと合わせて結構通気が良さそうです。中のコードを操作する事によりフロアの高さを上げる事が出来るので雨の侵入を防ぐ事が出来ます。

今回撮影時に忘れてしまったのですけどBreathable Linerという薄いナイロン製(110g)のライナーも一緒に頼んでみました。天井に設置する事により天井部分だけダブルウォールの様になるので酷い雨の時など、もしもの時の為に持っていて損は無さそうです。

IMG_3895.jpg

「Extra wind and snow support」短辺前後2箇所と長辺1箇所をガイラインで固定する事によって強風にも耐えられる。そうです。

IMG_3910.jpg

とても楽しみにしていた機能。前室部分を上に持ち上げポールとガイラインを使用する事によりこのように変化します。開放感抜群です。未だにタープ寝に踏み出せない僕ですが。この状態で寝てみて少しでもタープの気分を味わってみようかな...なんて思っています。

IMG_3920.jpg

本体、テントポール、ペグ、全て収納してこのサイズです。比較はnalgeneの500ml。
今週末晴れたらコレを持って山へ出掛ける予定です。
[ 2012/06/04 00:00 ] object | TB(0) | CM(4)
この写真見てたらめっちゃ気になってきたわ。
実物見たらさらにそそられるんだろうなぁ(買えないけど)。
全室ビョーン!って伸びるところとか
いろんなギミックがかっこよろしいね!
[ 2012/06/05 01:02 ] [ 編集 ]
osonくん。

僕も気になって気になって買っちゃいました(笑
色々な張り方が出来るのが魅力ですよねー。
[ 2012/06/06 00:31 ] [ 編集 ]
他人の新しい幕を見ると、俺も俺も!
って刺激を受けるのは仕方ないことですよね。。。
レアでカッコいいわぁ~。
[ 2012/06/07 00:24 ] [ 編集 ]
takemicchyさん。

そうなんですよね。欲しくなっちゃうんですよ。
このテント余り被らなそうなので決めました。
[ 2012/06/08 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。