ホーム > スポンサー広告 > 谷川岳馬蹄形縦走 Day1ホーム > hike > 谷川岳馬蹄形縦走 Day1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

谷川岳馬蹄形縦走 Day1



8月15〜16日。帰省ついでに群馬県の谷川岳に登りました。この週の関東地方は全体的に天気が悪く実家で天気予報を見ながらいつ登ろうかと伺っていましたが結局いつ登っても同じ様な天気なので雨の予報は出ていましたが登る事にしました。今回歩いたルートは馬蹄形縦走と呼ばれている谷川連峰を代表するルートです。時計回りと反時計回りがありますが今回は時計回り、登りはロープウェイで歩いて来ました。
IMG_5301.jpg

谷川岳ロープウェイに乗り天神平駅に着いたのが9:15。ここから歩き始めます。下ではまあまあ晴れていたのですが標高1320mの天神平駅に着いた時には濃い霧で辺り一面真っ白でした。それでも風は強く無く雨も降っていないのでそれだけでもラッキーでしょうか。

IMG_5342.jpg

晴れていたらきっと良い景色なんだろうなと思いながら真っ白な登山道を登ります。天神平駅から谷川岳山頂迄は危険な場所もキツイ登りも無く歩けます。

IMG_5355.jpg

谷川岳は写真の様な笹薮が特徴です。これが遠くから見ると山肌を辺り一面芝生が覆っているかの様な、柔らかい山肌に見えてとても綺麗なのです。それと谷川岳で良く耳にするのがブヨです。ですが僕が登った時にはブヨは殆ど居ませんでした。谷川岳に良く登っているという大学生に事前に話を聞けたのですが今年はブヨが少ないとの事でした。その年その年でブヨの発生率と言うのは違う様です。兎に角今年は少なくて良かった。

IMG_5384.jpg

11:25 歩き始めて2時間程でトマノ耳1963mに到着しました。この時、それ迄ずっと真っ白だった空にほんの一瞬、少しだけ青空が見えました。

IMG_5396_20120825010222.jpg

トマノ耳から10分程歩くと谷川岳山頂オキノ耳1977mに到着です。

IMG_5402.jpg

ここからはこの日の営幕地の予定の蓬ヒュッテのテント場まで歩きます。谷川岳山頂からこっち方面へ歩いて行く人は殆どおらず。というか僕が歩いた時は一人も居ませんでした。また辺りが濃い霧に包まれて風も強くなって来ました。

IMG_5412.jpg

12:25 白樺避難小屋前に出ました。谷川岳はテント場が少ない変わりに避難小屋が至る所にあります。ここで少しお昼休憩をしました。
谷川岳は死亡率が高い山で有名で世界一とも言われていますが、それは一ノ倉沢方面の岩場が殆どだと言う事。今回僕が馬蹄形縦走をしてみた限りそんな危険な箇所は無かったです。

IMG_5473.jpg

途中の尾根道はとても良く晴れてくれました。このまま晴れてくれればなと思いながら先に進みますがそのうちにまた辺りは真っ白になってしまいました。雨も降って来そうだったので目的地の蓬ヒュッテまで急ぎました。

IMG_5483.jpg

15:10 この日の目的地の蓬ヒュッテに到着です。緑の扉には外から簡易的なロックが掛かっていました。指でひねると簡単に開けられるロックだったので中に入ってみる事にしました。

IMG_5497.jpg

お邪魔します。勿論中はシンと静まり返っていて誰も居ませんでした。ヒュッテと言う事だったので常に誰か居るのものと思っていましたが。

IMG_5493.jpg

中はこんな感じです。避難小屋と山小屋の中間と言った所でしょうか。2段ベッドになっており毛布やシュラフもあります。

IMG_5489.jpg

キッチンもありました。僕は今回ここでビールを買おうと思っていたのですが買えずに残念でした。おつまみを沢山用意してきたのですが...

IMG_5491.jpg

管理人さんが居ない時にこのヒュッテで宿泊する際にはここにお金を入れる様です。

IMG_5500.jpg

蓬ヒュッテの直ぐ脇にテントを張れるスペースが少しだけあります。3張りくらいでしょうか。あまり広いスペースではありませんがとても平でフカフカでした。かなり良い環境です。

IMG_5505.jpg

今回のテントはTarptent Rainbow。前室をオープンにするこの張り方がとても気に入っています。風が強く無ければ平気。とっても開放的で気持ちが良いです。
テントを張り終えた瞬間ポツリと雨が降ってきました。雨の勢いは強くなり、そのまま夜中迄降り続けました。

IMG_5509.jpg

水場はここから歩いて10分程。水場に行く前に降り始めてしまったのでセイシェルに雨水を溜める事にしました。

IMG_5572.jpg

今回食料はドライフードをメインにしたのでクッカーは簡単な物にしました。ストーブはEsbit Titanium Stove+Carbon Feltの組み合わせです。

IMG_5582.jpg

この前室はとても広くて便利です。雨の日などは調理場としても役立ちます。そこそこ荷物も置けますし。
食事を終えて外を眺めながらぼーっとしますが雨と霧で景色は見えず。結局この日この場所に訪れる他の登山者はおらず僕一人だけでした。少し寂しい感じがしましたが珍しくSoftBankでも電波が入っていました。夜、撮影するつもりが何もやる事が無くなってしまったのでtwitterで皆と会話したりしながら過ごしました。

山行日時:2012.8.15
出発時刻:9:15 天神平駅
到着時刻:15:10 蓬ヒュッテ
合計時間:5時間55分 (休憩時間含む)
合計距離:8.97km

[ 2012/08/27 00:15 ] hike | TB(0) | CM(8)
何年か前自分も同じルートを歩き、蓬ヒュッテに泊まりました。

一ノ倉撮れましたか?
自分はあまりいいの撮れませんでした(笑)

谷川岳はいい山ですよね、大好きなところの一つです(・∀・)
[ 2012/08/28 12:26 ] [ 編集 ]
尾根に緑のある雰囲気がいいですね!
セイシェル大活躍ですね、近々ポチリますw
[ 2012/08/28 23:13 ] [ 編集 ]
SHOさん。

谷川岳。初めて歩きましたが景色が素晴らしかったです。
このルートはちと疲れましたが。
白毛門からの谷川岳の山肌はとても迫力がありましたよ。



COOPERさん。

セイシェルはもう無くてはならないですね。
買いましょう!(笑
[ 2012/08/30 00:17 ] [ 編集 ]
初めまして。
宜しければ、レインボーの購入方法を教えてもらいたいのですがよろしくお願いします。
[ 2015/02/10 22:57 ] [ 編集 ]
[ 2015/02/11 13:02 ] [ 編集 ]
忙しいところ、たびたびすみませんo(_ _)o ペコリ
お聞きしたい事が。
都道府県こところには、日本のらんが無いのですがどこを選択すれは良いのでしようか?
宜しければ教えてもらえますか。
[ 2015/02/12 22:54 ] [ 編集 ]
ありがとございました。
何とか発注する事が出来ました♪
[ 2015/02/13 22:44 ] [ 編集 ]
hirosiさん。

良かったです。楽しみですね‼︎
[ 2015/02/15 01:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。