ホーム > スポンサー広告 > 立山縦走 Day2ホーム > hike > 立山縦走 Day2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

立山縦走 Day2

IMG_3155-1.jpg

2日目の朝は5時に目覚めた。外を見ると曇り。雨は降っていない様だった。一晩寝て体調も回復していた。お湯を沸かし紅茶を飲み体を温めた。食欲が湧いて来たので朝ご飯。フリーズドライのお味噌汁にパンを少し食べた。

いつも2人でテント泊する時はBlack DiamondのFirstlightを使用して来たのだけれど今回はいつも1人の時に使用しているTarptentのRainbowにしてみた。フロアの広さで比べるとRainbowはFirstlightより横幅が20cmほど狭い。その分縦幅がちょこっと広いのだけれど。今回2人で使ってみたけれどまあ大丈夫だった。写真は朝食の準備中なので凄く散らかっているのだけれど...前日は写真の様に前室を立てて寝た。こうすれば2人でもそこそこ広く感じられるし2人で寝ても殆どテント内の結露が無かった。でもテント内で2人で片付け等を同時にこなすには少し窮屈かな...

IMG_3174-1-1.jpg 
2日目は五色ヶ原キャンプ場迄行く。6:30には出発した。前日は風邪を引いてしまってこの日は歩けるか心配していたけれど大丈夫そう。相変わらず天気予報は余りよろしく無かったのだけれど出発する時点で風も無く雨も降っていなかったので進む事にした。昨日雄山から下って来た道を進む。昨日は余り感じなかったのだけれどとても開放的で良い道だった。まるで海外のトレイルを歩いている様にも思えた。

IMG_3185-1.jpg 
腰程の高さがある高山植物が道両脇をびっしりと埋め尽くしている。

IMG_3189-1.jpg 
天気は余り良く無かったけれどこの道は最高に気持ちが良かった。今思い出すだけも思わず笑顔になってしまう程。

IMG_3206.jpg

途中の一の越山荘で少し休憩した。カップのココアを購入して飲んだ。雄山に登る人達が狭い登山道に列を成していた。室堂から雄山に登りに来る人達はこちらから登る人が多いのだろう。登山者のみならず小さな子供やお年寄り連れの家族が目立った。室堂からは割と短時間で登れてしまう雄山は一応観光地の範囲内なのだろう。僕らはここから「五色」方向へ。そちらに向かう人達は居ない。行く先は雲に包まれていた。

IMG_3209.jpg

五色方面へ歩くと直ぐに雨が降って来てレインウェアを羽織ったけれど雨は直に止んだ。この日は結局五色が原キャンプ場に着く迄、雨は降らなかった。風邪も強くは吹かなかった。辺りは真っ白。景色は期待出来なかった。

IMG_3225.jpg

少し行くと大きな岩と残雪が目立つ様になった。僕はこういう岩がゴロゴロとしている場所が大好きだ。晴れていたらとてもいい景色だろうななんて思いながら歩く。でもまあこれも雪と岩とガスで幻想的な雰囲気だった。

IMG_3229.jpg

アップダウンのある道が続く。

IMG_3237.jpg

分厚い雪渓の上を歩く。しっかりとならされているのでアイゼンは要らない。けれど脇を観ると雪渓は下にどこ迄も続いている様に見えた。タマヒュン。

IMG_3241_20140820003224bab.jpg 
IMG_3259.jpg

鬼岳、獅子岳を通りザラ峠付近。名前の通りザラザラと滑りやすいくねくねとした道が続き下りだけれどとても疲れた。

IMG_3275.jpg

ザラ峠を通れば五色ヶ原キャンプ場迄はもう少し。

IMG_3279.jpg

少し歩くと道はとても良く整備された木道になる。とても歩きやすく疲れた脚にはとても有り難かった。五色ヶ原キャンプ場と五色ヶ原山荘の分岐に到着した。五色ヶ原キャンプ場にテントを張るには五色ヶ原山荘で受付をしなくてはならないのでどちらにせよ山荘方向へ行くしか無い。

IMG_3280_2014081722074954b.jpg

少し歩くと五色ヶ原山荘に着いた。この周辺は木道脇にとても綺麗な花が沢山咲いていた。相変わらず周りはガスに包まれていたけれど。山荘に入りテント泊の受付を済ませた。僕の前の人が小屋泊の受付をしていたのだけれどどうやらこの小屋にもお風呂が有るそう。僕らは前日に温泉に入れているしこの日は殆ど汗をかいていなかったので特に入ろうとはしなかった。テント泊の客が利用出来るかは不明。

IMG_3284.jpg

14:00 小屋から10分程木道を歩くと五色ヶ原キャンプ場に着いた。敷地はまあまあ広めなのだけれど岩がごろごろとしていてテントが張れるスペースは若干少なめと言う印象だった。この日は天気が悪かったせいかこの時間でも10張程度だった。

IMG_3361-1.jpg 
ここら辺には写真の様な花が沢山咲いている。テント場には勿論だけれどここへ来る迄の道にも沢山の花が咲いていた。テントを張り終えるとすぐに激しく雨が降り始めた。

IMG_3306.jpg 
30分程テントの中で過ごしていると雨がは止み青空が出て来た。時折陽も覗きテント場が一気に温かくなる。湿ったタオル等を乾かす。

IMG_3346.jpg

IMG_3344.jpg

明るいうちに夕食を済ませ。赤く染まるテント場でゆっくりコーヒーを飲みながら過ごした。

IMG_3372.jpg

雲はイマイチ晴れきらなかったけれどなんとかこのまま天気が崩れないで最終日を迎えられます様にと思いながら暗くなった19時頃寝袋に入った。

[ 2014/08/24 19:45 ] hike | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。