ホーム > スポンサー広告 > 上高地〜槍ヶ岳〜中房温泉 Day1ホーム > hike > 上高地〜槍ヶ岳〜中房温泉 Day1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上高地〜槍ヶ岳〜中房温泉 Day1



9月の12日〜14日と2泊3日で北アルプスを歩いた。今回のルートは1日目は上高地バスターミナルから殺生ヒュッテのテント場まで行きテントを張ってから槍ヶ岳に登りまた殺生ヒュッテテント場まで。2日目は殺生ヒュッテテント場からまだ歩いた事の無い東鎌尾根を歩き燕山荘のテント場まで行きそこでテント泊。3日目は中房温泉登山口に下山し温泉に入るという計画。

毎度の毎日アルペン号で上高地に着いたのは5:20で充分明るかった。結構寒い。上高地バスターミナルは沢山の登山者でとても賑わっていた。いつも通りバスの中では殆ど眠れずでとても眠い。毎回なので仕方が無い。特にお腹も空いていないし留まっているには寒かったので歩き始めた。

DSCF0607.jpg

上高地から槍ヶ岳迄は今回で2度目だった。前回は4年も前の事だけれど山を登り始めて直ぐの事だったのでとても長く大変な道のりだった記憶がある。
上高地から槍ヶ岳迄はとても水が豊富だ。至る所に写真の様な沢が有りとても冷たい水が流れている。顔をすすぎ喉を潤しながら歩く。

DSCF0613.jpg 
上高地から槍ヶ岳を目指して歩くと槍ヶ岳の姿をなかなか確認する事が出来ない。横尾辺りで望遠鏡でも覗けば槍の先が見られたと思ったけれど全体の姿を見るには近く迄行かないと駄目だ。初めて来た時は「いつになったら槍ヶ岳の姿が見えるのだろう...」と不安になったのを憶えている。
天狗原の分岐を過ぎて少し歩くとやっと槍ヶ岳が見える。その間がとても長い。長いから槍ヶ岳が見えた時にはとても感動する。
今回もとても感動した。色々な所から槍ヶ岳を見て来たけれど。僕の中ではこの天狗原の分岐を過ぎて姿を現す槍ヶ岳が、槍ヶ岳を見るシチュエーションのベスト1だと思っている。

DSCF0622.jpg

少し歩いて槍ヶ岳山荘と殺生ヒュッテの分岐に差し掛かる。予定では殺生ヒュッテのテント場に泊まる予定。でも槍ヶ岳山荘のテント場には泊まった事が無い。槍ヶ岳山荘のテント場迄行こうかと少し悩んだけれど今回も殺生ヒュッテのテント場に張る事にした。
理由は前回張った時とても落ち着いた雰囲気の場所だったから。

DSCF0629.jpg

12:30 殺生ヒュッテに到着した。とても懐かしかった。

DSCF0636.jpg

前回同様斜面側に張った。もしかしたら同じ場所だったかも。僕はこの斜面側がとても好きだ。夕方岩に腰をかけ景色を眺めるのにとても良い。

DSCF0645.jpg

少し休憩して槍ヶ岳山頂に登りに行く。槍ヶ岳山荘はとても多くの登山客で賑わっていた。槍ヶ岳山荘の中を覗くと1度お会いしたことがあるハイカーの方に声を掛けられた。山でのこういう出会いも楽しみの一つです。

DSCF0651.jpg

登り始める。前回来た時はスムーズに登れたけれど今回は少し渋滞が出来ていた。結局登り始めてから降りて来る迄1時間半くらい掛かった。

DSCF0654.jpg

狭い山頂もとても込んでいた。祠の前迄行くのは諦め何枚か写真を撮って下った。

DSCF0663.jpg

テント場に戻りゆっくりする。とても眠かったけれど夕飯前に寝てしまうと起きられないと思い、我慢して起きていた。

DSCF0674.jpg 
この日の夕飯は殺生ヒュッテで牛丼を食べた。とても大盛りの牛丼。茄子のみそ汁付き。やっと食べ切った。
今回のハイキングは行動食以外の食事は全て小屋の食事で済まそうと決めていた。勿論非常用にフリーズドライの食品は持って来ている。今迄山でもなるべく料理をしようと心がけていたけれど暫くはこのスタイルで山を歩こうかなと思う。皆んでワイワイ歩く山は皆で料理をする方が楽しいと思うけれどソロの場合はこっちの方が自分に合っていると思った。荷物も少なく軽くなるし。温かい小屋で知らない人と会話しながら食べる山小屋食はとても良い物だと思う。

DSCF0702.jpg

夕食を食べテントに戻ると直ぐに眠ってしまった。22時頃目が覚めたので星空を撮ろうかと外へ出てみるけれど空は雲で覆われていた。次の日は曇りのち雨の予報だった。荒れない事を祈ってシュラフに張って眠った。

[ 2015/09/16 16:00 ] hike | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。