ホーム > スポンサー広告 > 北アルプス縦走 Day3&Day4ホーム > hike > 北アルプス縦走 Day3&Day4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北アルプス縦走 Day3&Day4



3日目。5:15 まだ陽が登らないうちに五竜山荘テント場を出発した。陽は昇っていないけれどヘッドランプは必要ないくらいの明るさ。このくらいの明るさの時に歩くのはとても気持ちが良い。1日の始まり。とても静かで空気がまだ新しくシンとしている。

DSCF1009.jpg

40分程歩いて五竜岳山頂に着いた。昨日テント場で出会った小川さんもこの日は僕らと同じルート。お互い別々に歩いていたけれど要所要所で必ず一緒になり休憩を取りながら話をしていた。

DSCF1014.jpg

五竜岳から八峰キレット方面は徐々に道が険しくなり鎖場も増えて来る。

DSCF1019.jpg

この日のルートは以前歩いた事のあるルート。その時は20kgのザックを背負いながら歩いた為とても怖く感じた。今回は荷物が軽かった為か怖くは感じなかった。

DSCF1021.jpg

9:15 キレット小屋に着いた。以前このルートを歩こうと思ったのはこのキレット小屋が見たかったから。今回改めて見ていても相変わらず凄い場所に建っていると思った。この小屋に着く直前ヘリが頭上を何度も旋回しながらホバリングをしていた。この小屋で他の登山者に聞いた話しでは五竜岳を少し過ぎた辺りで滑落した方がいたらしく捜索していたらしい。その話しを聞きこれからのルートも気を引き締めて歩こうと思った。

DSCF1024.jpg

少し早めのお昼後飯はどん兵衛。前にここに来た時もどん兵衛を食べていた。この小屋は軽食メニューは余り充実していない。
こんな場所だから仕方ないのかな。

DSCF1026.jpg

少し休憩して八峰キレットを歩く。

DSCF1028.jpg

八峰キレットも細い道や梯子、鎖場があり少し危険。狭い道で他の登山者とすれ違う時が怖かった。

DSCF1032.jpg

11:45 鹿島槍ヶ岳に到着した。ここの山頂はとても広く眺めも良い。前に歩いた時はお盆と言う時期もあって上空には沢山の燕が飛んでいたのが印象的だったけれどこの日はもう見る事が出来なかった。日差しは強く暑かったけれど。

ここで小川さん達と合流してここからは話しをしながら一緒に歩いた。

DSCF1036.jpg

14時前にはこの日のゴールの冷池山荘テント場に着いた。とても強い日差し。色々乾かす事にした。僕がお気に入りのこのテントはこういうシチュエーションにも便利に使える。2人分のシュラフ、行動着、靴等を陽に当て乾かす。とても生活感が出る。
山荘で買ったビールを飲み同じく山荘で買った1リットルの水で顔を洗い頭を濯いだ。声が出る程気持ちが良かった。とてもリフレッシュ出来た。まだまだこの先直には風呂に入れそうに無かったのでとても助かった。頭が少しサッパリした事で疲れも少し回復した気がする。

DSCF1044.jpg

テントの外にいるととても暑かったので夕飯の時間迄テント内で過ごした。

DSCF1045.jpg

この日も山荘の夕食を食べた。ご飯とみそ汁はおかわり出来た。
ここ迄山を歩き始めて3日目。夕飯は全て小屋の夕食を食べている。その為かどうかは定かではないけれどいつものハイキングと比べて余り疲れを感じない。毎晩のしっかりした食事が身体の回復に役立っているのではと思う。

DSCF1047.jpg

昼間は暑かったけれど夜が近付くにつれ気温がぐんぐん下がる。外はもう寒い。夕飯後少しストーブに当たりながらコーヒーを飲んで過ごした。19時にはテントに戻り眠った。

DSCF1072.jpg

4日目朝。5:30にテント場を出発した。出発の準備をしていた小川さんにお別れの挨拶をして歩き始める。この日もとても天気が良かった。北アルプスを歩き始め4日間もの間雨に降られる事が無いなんてとてもラッキーだと思った。このまま最終行程迄雨に降られないのではないかなとニヤニヤしていたけれど結果そんなに甘く無かった。

DSCF1082.jpg

7:20 種池山荘に到着した。

DSCF1083.jpg

朝食にした。メニューにあった「ピザ」がとても印象的だったけれどまだ販売前の時間だったので諦めてカップスターを食べた。
食事を終え、ここでここ迄一緒に歩いて来た妻と予定通り別れる。妻は扇沢に下山。僕はここからソロハイク、針ノ木小屋を目指す。

DSCF1088.jpg

ここからの道は初めて歩く道。別れの寂しさよりも初めて歩く道へのワクワクが勝っていた。
種池山荘から針ノ木小屋までの道のりはとても素晴らしかった。激しいアップダウンもなく危険な箇所も無い。眺めも良くお薦めのルートだ。針ノ木小屋からも扇沢に降りる道がある。途中、山岳救助の方と会い、その方も「ここは素晴らしい道。余り人が歩かないのは何だか勿体無い」と話していたけれど本当僕もそうだと思った。

DSCF1095.jpg

種池山荘から少し歩いた所に新越山荘があった。あんぱんとジャムパンを買った。新越山荘は今シーズンはこの日で終了。午後からは小屋閉めの作業との事だった。

DSCF1099.jpg


DSCF1101.jpg

赤沢岳を過ぎて直ぐの所。山と高原地図を見ると危険マークがある場所。道が多少ザレているけれど普通に歩く分にはそれ程危険ではないと感じた。

DSCF1112.jpg

13:30 この日のゴール、針ノ木小屋にテント場に到着した。シルバーウィークの最終日。テント場にはテントが3張り張られているだけだった。久しぶりに静かな夜になりそうだなと思った。

DSCF1124.jpg

この日もシュラフと行動着を乾かす。僕は今回Patagoniaのデイリーメリノのショートスリーブの上に同じくPatagoniaのナイントレイルシャツのロングスリーブというレイヤリングで歩いていた。両方とも脱いだ時に臭いを確認する。主に腋部。下に着ているデイリーメリノよりも上に着ていたナイントレイルシャツの方が臭った。というかデイリーメリノは殆ど気にならない程度の臭いだったのには驚いた。

DSCF1132.jpg

この日の」テント場はとても静かだった。発泡酒を飲み少し昼寝をした。テントの裏は少し雑木林の様になっており鳥のさえずりがとても心地よかった。夜中内は何やらゴソゴソと音がしていた。

DSCF1141.jpg

そろそろ持って来ているフリーズドライ食品を食べて少しでも荷物を軽くしようかと考えていたけれどこの日も結局小屋での夕食を選択した。兎に角楽で美味しい。この日はサクサクのメンチカツと味の染み込んだ鯖の味噌煮がメイン。前日の五竜山荘のメインと同じ。定番なのかな。

夕食後テントに戻る頃にはガスが出て来た。次の日から天気が悪くなる予報だった。
[ 2015/10/09 16:15 ] hike | TB(0) | CM(4)
テント、使いやすそうですね!
良かったら商品名教えて頂けませんか?
[ 2015/10/10 14:08 ] [ 編集 ]
お返事遅くなりまして申し訳ありません。
このテントはtarptentというメーカーのrainbowというモデルです。
[ 2015/11/08 10:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/11/13 12:22 ] [ 編集 ]
いえいえ。そうですね。どこか山で!!
[ 2015/11/22 08:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。